リビングを北欧風にまとめるにはどうすればいい?

これで洗練された北欧風?キーアイテムを公開!

北欧スタイルについて

北欧風のリビングといえば洗練された雰囲気の中にナチュラルさ温かさが印象的です。リビングは多くの家具家電があり、家族が集まる場所です。 色彩には様々な効果があるのでリビングの色彩を統一すると北欧風になるだけでは無く、過ごしやすい場所になります。

まずは全体の色彩をまとめてみよう!

住まいは単に生活を送る為だけのものでは無く、自分らしさを追及したり個性を出したりする事にも使われています。それがインテリアブームを巻き起こし、日本でも多くの方がインテリアに力を入れています。
数年前まではクールな印象を持つインダストリアルスタイルやブルックリンだったり、グリーンなど自然のものを使って柔らかさを演出するナチュラルスタイルやボタニカルだったり、様々なテイストがあります。
その中でも定番になりつつある北欧風スタイルは、老若男女から支持されています。北欧風はフィンランドやデンマーク、スウェーデン、ノルウェーの4つの国を指し、白を基調にしたナチュラルでシンプルなテイストです。これらの国は一年のほとんどが冬季で日照時間が短く、あまり外に出られない時期もあります。その為、長い間家族で同じ空間で過ごしていても、気持ちよく過ごせる様にというコンセプトで住宅が造られました。そのスタイルが基盤となって、日本でもブームも巻き起こしています。
人によっては殺風景に見えるかも知れませんが、ごちゃごちゃと物をおくのではなく本当に必要な物や、ずっと使える物・使いやすい物を選択していくのが北欧風です。
いまいちイメージが沸かないと言う方は、北欧風インテリアを専門に扱っている家具店もあるので見学するのも良いです。ネットにも各テイストのインテリアを紹介しているところもあります。そんな定番でありながら奥深い北欧インテリアについてお教えします。

おすすめリンク

効果的な小物やインテリアを配置する

全体的な雰囲気を統一するには、ちょっとした小物やインテリアを配置するのがベストです。 但しこれらにまとまりが無いとちぐはぐな印象になってしまうので、おしゃれさとは程遠くなってしまいます。北欧風リビングを目指すにおすすめの小物を紹介しています。

床や壁のテイストにも気を配る

せっかく色彩や小物を整えたのに壁紙や床のテイストがあっていないと台無しです。どの様な雰囲気に変更すればよいのか?だけでは無く、雰囲気をガラッと変える方法を説明しています。 戸建てだけでは無く賃貸住宅でも出来る方法も公開しているので、参考にしてみて下さい。