これで洗練された北欧風?キーアイテムを公開!

北欧スタイルについて

白やベージュがキホン

和室だと砂壁や木材を使っているので濃い目のベージュがほとんどです。しかしこの場合、重い印象を与えてしまうので北欧風にしたいなら白か薄めのベージュで統一するのが良いです。
北欧は日照時間が少なく、天候もよくありません。その為、部屋の中まで暗いトーンだと気分も暗くなってしまいます。現に全体的な色が暗い部屋は、圧迫感を感じやすくリラックス出来ません。
北欧風のリビングを目指すなら、白やベージュなどの薄く、明度の高い色で統一して下さい。カーテンやソファーはカバーをつける事が出来ますしテレビボードは色を塗り替えても良いです。
テーブルや椅子は木目で統一するとよりナチュラルなテイストに仕上がりますので、おすすめです。

差し色で洗練された雰囲気を

白とベージュを基調するのは良いけれど、シンプル過ぎて味気ないリビングになってしまう。その場合は同じトーンのクッションや小物で差し色を使ってみましょう。
差し色と言うのは統一されたテイストにあえて、違う色を入れてそのテイストを引き締める事です。但し差し色があまりにも強い色だと北欧風から離れてしまうので、同じ明度の高いペールトーンが良いです。クリームイエローやミントグリーンだと、ナチュラルな雰囲気を出せます。
差し色を使う場合は小物や小さめのインテリア、クッションなどすぐに替えが聞くものが良いです。気分で変更出来るので、今のテイストに飽きた場合にも楽ですし差し色を大きくし過ぎると洗練された印象が薄くなります。