これで洗練された北欧風?キーアイテムを公開!

床や壁のテイストにも気を配る

ラグやカーテンはどう選ぶべき?

より温かい雰囲気を出したいのならカーテンやラグの色に気を使ってみて下さい。どちらも優しい・柔らかいトーンなら統一感がありますし、圧迫感が無いのでリラックス出来ます。
リビングのテイストによっては床やラグは暗いトーンでも構いませんが、目線が上になるにつれ明度の高い色が良いです。逆だと天井が低く感じますし、バラバラにすると統一感が消えてしまいます。
パッチワーク柄やオルテガ柄などエスニックテイストを入れるのもおすすめです。カーテンは白を基調とする淡いトーンであれば部屋を広く見せてくれる効果、洗練された印象が出るのでおしゃれなリビングにしたい方に向いています。
但しあまりにも薄いカーテンだと外から見えてしまうので要注意です。

壁紙で北欧風にする

壁は住宅の中でもかなりの面積を持っていて、壁紙を変える事でより北欧風のリビングにする事が出来ます。
モノトーンや薄いグレーの壁紙が人気で、オレンジの照明と合わせると何とも言えないナチュラルな雰囲気が出ます。全体的に白で統一しているなら壁紙だけを、ミントグリーンやイエローにするのもおしゃれ度がアップしますしポップな印象なので、子供部屋にもぴったりです。
賃貸物件の場合は直接壁紙を剥がすと契約違反になってしまうので、マスキングテープを使って下さい。マスキングテープの上から壁紙を貼るだけなので簡単ですし退去時にはそれを剥がせば良いので手軽です。
一部分だけレンガ調にしたり、差し色として少しだけ濃い色を使ったりすると個性的な印象になります。